あれるげんふりー

アレルゲンフリーかつオーガニック。半端なく体に優しい音楽レビューもどき。

Ametsub - Mbira Lights 1

f:id:wassao:20170717164323j:plain

国産エレクトロニカ、2017年リリース。

 

エレクトロニカとかいう奇跡的な言葉の羅列。

一文字でも狂ったら急にバランス崩れそうな響き。

そういえば、シューゲイズだって魅惑的な響きです。

「靴ガン見」って意味なのに、音楽性と響きは合致してるので奇跡的です。

その反面、ゴアグラインドとかいう醜悪の塊のような響きもありますし。

クソみたいな直訳しますと「血塊磨り潰し」ですから正にって感じです。

その分エレクトロニカの意味は、wikipediaで調べたけど何言ってんのか意味わかんねぇまるで雲の上にある掴めない幻のよう…。

そんなこんなで、音楽界で最強の響きと意味合いの合致性を誇るエレクトロニカからの紹介です。

 

さて、日本を代表するエレクトロニカアーティストであるAmetsubですが、私一度だけ生で見たことあります。

小さな教会でのライブでして、ヤスデを茹で上げたみたいな見た目の楽器を使用しておりました。あれ何だろう。

とにかくその見た目からは想像できない神秘的な音が紡ぎだされるという半端ない異空間を体感いたしました。

どうやら今回の作品でも、見たことも聞いたこともないムビラというジンバブエのショナ族に伝わる伝統楽器を軸に作成されたものだそうです。

 

で、感想としては、何だこの落ち着く世界観は。

何だろう、仏具的な感じ?風鈴的な?バリ風ホテルでかかってるやつ?

みたいな、どこか土着的かつ妖艶な音色。

かつ不安定な音の配置のようでスムースに流れる絶妙なバランス。

とにかく最高の癒し空間です。

EPですのでコンパクトですが、いくらでも聴いていたくなる不思議な中毒性もあります。

サラーっと聴いていたい、けど、耳を傾けて聴いてもいたい、なんとも汎用性が高いが、なんとも悩ましい、確実に今年のベストに名を連ねるであろう傑作です。

 

そして、ムビラ欲しくなりました。

割とスタイリッシュな外観なので、思わず買ってしまいそうですが、

リコーダーの裏側の穴を半分だけ塞ぐヤツで楽器の挫折を味わったカス太郎な私には、このくらいの楽器が丁度良いかなと思いますね。

ア〇パ〇マ〇キーボードは幼少期から脈々と受け継がれる日本古来の伝統楽器ですので、ほぼ笙であり、ほぼムビラです。

 

 

結論:ムビラも笙もア〇パ〇マ〇キーボードも、ルーツをドントシンクフィールだ。

 

 

-------------------------------

【トラックリスト】

1. Mbr / Northbound 

2. Mbr / Mbirambient 

3. Mbr / Ajisai 

4. From The Mountain 

5. Mbr / Flurries (Easy) 

6. Mbr / Ajisai (Austin Cesear Remix) 

7. Mbr / Flurries (Seefeel Remix)

 

YouTube


Ametsub - Mbira Lights 1 EP (snippet)

 

Amazon

Mbira Lights 1 EP

Mbira Lights 1 EP

 

 

 -------------------------------

Iron Reagan - Crossover Ministry

f:id:wassao:20170221233855j:plain

米国産スラッシュメタル / ハードコア、2017年リリースの3rd。

 

カテゴリ分けの便宜上バラバラに書きましたが、俗にいうクロスオーバースラッシュメタルでございますね。

こういう所で学んだ英語をやたら使いたがって「これとこれクロスオーバーさせたらおもろいと思わない?…あ、混ぜ合わせるってことね」みたいなしょーもない二度手間を踏むという、最近の政治家・評論家達を反面教師として学べていない私こと、わさですこんにちは。

 

なんとも可愛らしいor毒々しいジャケットが目を引く、ジャケ買い特化型のジャケでございますが、中身も凄い。

前回記事に続きまして、今回も錚錚たるメンバーで構成されたスーパーバンドと呼んでも差し支えないのではないでしょうか。

Vo. Tony Foresta、Gt. Land Philは、Municipal Wasteでも活動中。

Dr. Ryan Parrishは元Darkest Hour。

うん、こりゃすげぇやって感じですね。

Gt. Mark Bronzinoもガッツリハードコアバンドで活躍してますし、そりゃあクロスオーバースラッシュになりますわなと頷けます。

 

そんなガッチリした土台から放たれるアルバムはと言いますと…

楽しいです。

う〇こみたいな感想だけで終わるわけにはいかないので続けますが、そんな感じです。

楽曲はとてもコンパクト。6秒で駆け抜けるものから、長いものでも3分半くらいです。

短い曲の中でも、ガッチリと印象的なフレーズを嵌めてくるものもあれば、それに加えてもうドタスタひたすらに駆け抜けるものもありと、中々聴いてて気持ちの良い仕上がりです。

どちらかと言えばハードコア色が若干強めなのもあり、爆発的な勢い勝負感が強め。

なので金太郎飴アルバムっぽさもありますが、クロスオーバースラッシュって何となく、アルバム一貫して爆走・汗臭さ、そういうの求めてると思うのです。

なので、この在り方は正解でしょう。

実際聴いていてスカッとして最高にハイになります。

金太郎飴って表現はどこを切っても同じと揶揄して使われていますが、裏を返せば最初から最後までブレずに男の顔があるんですよ。

あのオカッパの勇ましい男の顔がどこまでも真正面を見据えてるんですよ。

その姿勢、キモくないですか 男として憧れませんか。

このアルバムに関しては、どこまでも自分たちの音楽を一貫して突き進む美学が見て取れます。この姿こそ、金太郎飴という賛辞が相応しいと思いますね。

 

#1これぞクロスオーバーといったお手本のような頭ガン振りチューンがオープニング。

#3小気味良いリフが半端なく格好いいスラッシュナンバー。

#4はこのアルバムの最長曲。怪しげな鍵盤楽器からスローパートへ、Voが入ると同時にグルービーかつスラッシーなリフが楽しい一曲。

#5では一転短い12秒。”No Sell”のタイトルとは裏腹にiTunesで12秒150円という、音楽界指折りの価格破壊を起こしているという公式が繰り出す渾身ギャグも楽しい。

#7は一つ一つの単語を鈍器に変えて殴るかのようなVoが冴え渡るハードコアナンバー。Fuck the Neighbors!って一緒に叫びたくなっちゃうライブ映えしそうな一曲。

タイトルナンバーの#9は、ファストパートとミドルパートを交互にせわしなく織り交ぜながら展開。最後は拍手パチパチ。

#10、#11は印象的なギターリフを演り捨てるかのよう。味のあるガムを味のする段階で取り上げられる感覚。焦らしテクが凄いドSチューン。

#12もはやNaparm DeathのYou Sufferを彷彿とさせる。You Suffer自体を6倍に引き延ばしたらこれ聴こえてくるんじゃねぇかとも思っちゃいます。

#13は一貫してミドルテンポ。サビ(?)でのVoラインが癖になります。

#14に関しては鼻に何かを詰まらせような声の主がだれなのか、それ一転がただただ気になって仕方がない。曲自体はクール。

#16ドッ、ナッカッ、ドッ、ナッ、カァァァッ!!!…楽しい…楽しいです…。

最後に、もう純粋に格好いいスラッシーなラストナンバー#18で締め。

 

18曲で28分と、だれることなく最後まで突っ走ってくれます。

飽きの来ない、最高級な金太郎飴でした。

なんか凄いディスってるように見える気がしますが、今回の場合の金太郎飴は褒めですからね。最高に褒めてますからね。

しかしながら、金太郎飴で画像検索すると、無数に切り取られたのっぺーとした顔が一斉にこちらを見つめてくるという中々な狂気を味わえます。是非。

やっぱ褒めるならもう少しおシャンな飴が良い…。

 

 

結論 : 揶揄するときは金太郎飴、褒めるときはパパブブレ。今回はパパブブレ

 

 

-------------------------------

【トラックリスト】

1. A Dying World

2. You Never Learn

3. Grim Business

4. Dead with My Friends

5. No Sell

6. Condition Evolution

7. Fuck the Neighbors

8. Power of the Skull

9. Crossover Ministry

10. More War

11. Blatant Violence

12. Parents of Tomorow

13. Bleed the Fifth

14. Megachurch

15. Shame Spiral

16. Dogsnotgods

17. Eat or Be Eaten

18. Twist Your Fate

 

YouTube

7. Fuck the Neighbors

 

Amazon

Crossover Ministry

Crossover Ministry

 

 

 -------------------------------

Sportlov - Aska

f:id:wassao:20170221161820j:plain

スウェーデンブラックメタル、2016年リリースのシングル。

何だか知らない間に再結成&シングルとして2曲リリースしてたので纏めてひょひょーーいっと。

スポーツ休暇の名前だけに持ってかれて完全なる盲点でしたが、調べてみた所メンバーがやたら豪華な様で。

Gt. Hell Y. Hansenは元Defleshed。

Drs. Fjällhammerも元Defleshed、そしてDark Funeralでも長年活動。

Ba. Thermossは現在Darkaneで活動中。

どう見てもモンスターバンドやないかいという顔触れ。

そりゃあブラックメタルの枠に収まらずにデス、スラッシュ…にも収まらずウィンタースポーツ方面にも走るわなと納得します。

 

にしては、前作に比べて曲名にスポーツ休暇感が薄れた気がしますね。

これは完全にサタニズムな感じなのか、歌詞内に隠されたスキースノボ愛があるのか、はたまた私の捉え方が間違っているのか。

#1はAzazels Lada、Azazelは堕天使のアザゼルやろなーと解るけども、Ladaはどう調べてもロシアの自動車メーカー。東欧諸国では「悪い車」の代名詞らしいです。

私の中では「アザゼルさんのラーダ」っていう寓話みたいな曲名になっちゃったので…

我慢して悪い車に乗り続けたアザゼルさんは、浮いたお金で新しいスキー板を買ってスポーツ休暇を楽しむことができましためでたしめでたし。

的な感じかなーと解釈をしてます。

まぁ見事な推理の真偽はさておきまして、肝心の中身は、ドチャスタ激走ドラミング冴え渡るデスメタル

主軸はミドルテンポなものの、合間合間には入るファストパートの暴れっぷりは最早ただの良質なブルデスの如く。さながらアザゼルの如く。ラーダの如くなのかはちょっとよく分からないです。

続く#2はMordisk Kombination、ともにスウェーデン語で、Mordisk は殺人、Kombinationは予想通りコンビネーションという意味らしいです。何とも治安の悪いブラックメタルっぽい語句が出て参りました。

「殺人コンビネーション」…私の翻訳のセンスないんでしょうか、クソダサい。

そんなクソダサくなっちゃった曲名ですが、入りからギュインギュインのテクデスの様なギターソロ。初っ端から圧倒しつつ、流れる様にザックザクのデスラッシュ

サビはライブでシンガロング出来そうな、ある種のキャッチャーさも持ち合わせていて耳にしっかり残る。

半端なく出来のいいブラッケンドデスラッシュだと思います。

音質も程よくクリアになって、迫力が増して聴こえますし、実際にクォリティがえげつなく上がってます。再結成して本腰入れてきた感があります。

傑作2曲揃い踏みと、デスやらブラックやらが好きなら絶対聴きなはれ!絶対に!なシングルです。

これはフルレングスの発売に期待しちゃいます。

 

因みにシングルの題名Askaは、「灰」という意味らしいです。白い粉に変わりはないです。

あ、ウィンタースポーツも白い粉雪欠かせませんね。

 


結論 : 雪も白い粉やしAskaも白い粉やし、最高にハイになる灰でした。

 

 

-------------------------------

【トラックリスト】

1. Azazels Lada

2. Mordisk Kombination

 

【Sound Cloud】

1. Azazels Lada

 

Amazon

Aska

Aska

 

 

-------------------------------

Sportlov - Offerblod I Vallabod

f:id:wassao:20170220110110j:plain

スウェーデンブラックメタル、2003年リリースの1st。

 

さて皆様、冬ですね。厳密に言えば春ですけど、冬と言われたら冬ですよね。そもそも私が冬と言えば冬です。

今回はそんな中、皆様に是非ともお届けしたい一枚の紹介です。

冬っぽいメタルと言えば、キラキラとしたシンセサイザー、凍える様なシューゲイズ的トレモロリフ、神秘的な女声…

残念ならがら全部入ってないです。全部入ってないですけど、バンド名は「スポーツ休暇」=フィンランドの二月中ばにある長期休暇=ちょっとした冬休みって事ですね。

メンバーの写真もこんなでキャッキャ楽しそうですし。

冬ですね。

 

音楽性は冒頭に冗談で書き綴ったシンセやら女声やらとは全て逆だと考えてもらえれば簡単ですかね。

デスメタル然としたドタスタなドラミング、ギュルギュルと音を立てながら進行するギター、汚いダミ声の様な叫び声という男臭さの三重奏。

さらには基本的にはずーっと、休む事なくブラストの嵐。「駆け引きなんて女々しいことしてられるかよ、そんな暇あったら俺はスキーするね。」とでも言わんが如く押せ押せ状態。

#1の怪しげな呪術的インストから、#2の爆走チューン。ドスの効いたグロウルと少し間抜けに聴こえるしゃがれ声が癖になる。

#3は安定の爆走っぷりから一転、中盤あたりでドゥーミーなパート、そして最後に爆速。

#4では高笑いの様な声も出現し、いよいよ本格的にスポーツ休暇を楽しみ始めたなという感じ。

#6は最早ザックザクのスラッシュメタル。スキーとか休暇とか以前に最早めちゃくちゃ器用やなと。

#7ではファストブラックに戻り、安定のブチ壊れ加減。

 

まぁざっとこんな感じで壊れてるってことは分かってもらえたと思いますが、純粋に格好いい。

けども歌詞の内容は恐らくハチャメチャなこと言ってるんだろうなと。

曲名に見られるVallabodは恐らくワックス小屋って意味ですし、#6なんて「Sportlov Attack」とか言う極めてアホさが散らかった曲名ですし。

スウェーデン語が堪能だったら、もっと楽しいことになってるんでしょうねぇ。

2004年に活動休止したものの、めでたく2015年から活動再開しております。スポーツ休暇への溢れんばかりの愛が伺えますね。

まぁ、何はともあれオススメです。

 

 

結論 : 広瀬香美も嫉妬するトゥルーウィンタースポーツブラックメタル

 

 

 

-------------------------------

【トラックリスト】

1. Intrad Nu i Vallabod

2. Offerblod i Vallabod

3. Dimma Over Mangsbodarna

4. Blixthalka

5. Brann Holmenkollen (Behall Lugnet)

6. Sportlov Attack

7. Over Min Doda Kropp

8. (Weird) Thermoss

9. Bloddopad av Satan

 

YouTube

4. Blixthalka

 

Amazon

Offerblod i Vallabod

Offerblod i Vallabod

 

 -------------------------------

 

Bonobo - Migration

f:id:wassao:20170216225802j:plain

英国産エレクトロニカ、2017年リリースの6th。

前回記事では、Bonoboを気にった動機が軽過ぎる割に謎の重さがあるヤンデレビューを赤裸々に綴りました。

さてさて今回は真人間として書いていきます。って書いてる最中に何気なくお腹見たら、服がめくれてヘソが出てましたが真人間です。

 

前々作から高い評価を得始め、今やSkrillexやWarpaintら錚々たる面々もファンだと語る程にまでワールドワイドな存在となり、今年のフジロックでは新作Migrationを引っ提げて堂々の来日となるBonoboさん。

アートワークもおしゃん。どうやら近所の砂漠地帯からフィーリングを得てアルバム作成にあたったそうです。

Bonoboさん、どうやら憧れのロス住まいらしく、自宅から最寄りの砂漠とはFossil Fallsという場所の様ですね。恐らくですけどね。溶岩で形成された何とも異世界感漂う場所です。

ここですね。雰囲気バンバン感じ取りましょう。

収録曲Black ApartのMVはそのFossil Fallsをドローンで撮影した作品で、光や煙を用いた現実とは思えない世界観を見ることができます。

最後にMV貼ってあるので是非見てくださいな。

 

今回のアルバムもBonobo特有のおしゃんてぃーかつエキゾチックさが光るものとなっております。…がしかし、過去作と比べてスケール感が格段に上がっている様に思えます。

おしゃんでクールな空気感に加え、自然の神秘性を孕んだ様な、さながらアートワークやMVの景色が脳内を支配する感覚に陥ります。

参加アーティストも何かと豪華。

#2ではRhyeが参加しております。正直知らなかった私は、透明感のある良い女性Voだなぁ…きっとふつくしいんだろうなぁ…可愛くないわけないやんなぁ…。などと不純な心を隠しきれないでおりました。

まぁ調べた結果238度見しましたけど。

そんな素晴らしいVoとマッチした神秘的な世界観が良い良い。

#6ではHundred WatersのNicole Miglis。ゴメンなさい、この方も知らない…どうもSkrillexのレーベルに所属してるっぽいです。

#10ではChet FakerことNick Murphyが。これがまた男声にしか出ない艶やかな声色で、都会の大人の色気ムンムンに出すBonoboの楽曲と合わないわけがないんですよね。

MVは日本の「引きこもり」をテーマにしたもので、独特の世界観に引き込まれると同時に、部屋の右隅に貼ってあるカタカナ手書きのボノボが可愛くて仕方がないです。MVは最後に貼ってあります。にしても全てのMVが素晴らしすぎて、それも含めての作品だなぁと改めて感じます。

そして個人的に興味深かったのが#8に参加しているInnov Gnawa。モロッコの伝統音楽を演奏するバンドだそうです。これがBonoboのエキゾチックな世界観にガッチリ合わさってます。原始的な楽器の音色と現代の電子音楽のコントラストが幻想的な自然を彷彿とさせる、生ハムメロン曲。

豪華アーティスト達とのコラボは文句無しに素晴らしい。

勿論Bonobo単独での楽曲もそれに劣らぬ佳曲揃い。

#8なんかはフジロック第1弾アーティスト発表の動画にてBGMで使われております。この絶妙に湿り気のある空気感、堪らんです。またまたこのMVもございますので、こちらも最後に。

#1はピアノのドラマティックな旋律が印象的な曲ですし、#9は先程から度々申し上げているBonobo特有のエキゾチックな世界観が前面に押し出された、これぞといった仕上がりです。

 

常に進化し続けるBonoboの新たなる一歩を見たなと、あえて上から目線で言って見たくなる、そんな傑作ではないでしょうか。

偉そうなこと言ってますけど、冒頭でお腹出しながらブログ書いてる様な奴だけには言われたくないですね。

お腹が不意に出るのはお酒のせい、Bonoboはお酒と合うから、結果的に全部Bonoboのせい。

 


結論 : Bonoboが駄作量産でもしたら、必然的に誰がどう考えても痩せるのに。

 

 

-------------------------------

【トラックリスト】

1. Migration

2. Break Apart (feat. Rhye)

3. Outlier

4. Grains

5. Second Sun

6. Surface (feat. Nicole Miglis)

7. Bambro Koyo Ganda (feat. Innov Gnawa)

8. Kerala

9. Ontario

10. No Reason (feat. Nick Murphy)

11. 7th Sevens

12. Figures

13. Break Apart (Instrumental)

 

YouTube

2. Break Apart (feat. Rhye)


Bonobo : Break Apart (feat. Rhye)

 

8. Kerala

 

10. No Reason (feat. Nick Murphy)


Bonobo : No Reason (feat. Nick Murphy)

 

Amazon

 

-------------------------------