あれるげんふりー

アレルゲンフリーかつオーガニック。半端なく体に優しい音楽レビューもどき。ただし個人的な趣味だけ少し添加。

Trivium - The Sin and the Sentence

f:id:wassao:20171118023452j:plain

米国産メタルコア、2017年リリースの8th。

 

山口県といえば何を思い出しますか?
フグ?獺祭?錦帯橋安倍晋三
これらを思い出した人はパンピーです。ただのパンピーです。
全く…メタラーならコレですよ。
はいそうですキイチです当然ですね。

因みに私は真っ先にフグを思い浮かべました。当然ですね。美味しいし。


て事で今回は、山口県出身日系アメリカ人、フグもとい東野幸治もといマシューキイチヒーフィ擁するTriviumの新譜です。

毎度コンスタントに手堅く格好いいアルバムをリリースしている事から、私の中では安パイ的な立ち位置でした。勿論いい意味でね。
けどそれも過去のお話です。
結論から言いますと、教祖様かな?って錯乱するレベルに尊いです。典型的な信者に成り果てましたありがとうございます。

つえぇ。ほんっっとつえぇです。
今の所、今年のベストアルバム最有力候補です。

最近のアリーナロック路線と、初期のメタルコアの折衷が絶妙過ぎる。アリーナロックのドッシリとした進行と、メタルコアのエモさ激しさ。冬のホットミルクとラミー&バッカスくらい融和する。

 

初っ端タイトルトラックの#1。何この求心力のあるイントロ。むしろ求心力の方から秒でこっちに襲いかかってくる。何言ってるかわかんないと思いますが、確実に向こうは襲いに来てます。ひとしきり襲われた後は、マシューの野太く通る声と、コリー・ビューリーの咆哮の掛け合いに圧倒されながら、あっという間に6分間が過ぎます。
#2は、マシュー、コリーの両グロウルが効果的に用いられた、ミドルテンポで聴かせる。
で、個人的にかなり気に入った隠れた?佳曲である#3は、何と言ってもエモーショナルが過ぎるサビ。マシューの心の奥底から絞り出す様な声の力みが、こちらの心を恐ろしく揺さぶってきます。この部分だけで佳曲認定できる。
で、次の#4も素晴らしい。これはグラムロックに幾分か寄った、ドラマティックな盛り上がりのある曲。
曲の始まりにグロウルをかます曲にハズレなしってお婆ちゃんがよく言ってませんでした?それが#5です。クセになるサビのメロディ。Triviumは本当にメロディセンス抜群ですね。
グロウル主体で、途中に入るスラムデス的な刻みをするパートが中毒性高い#6。
何か2nd辺りのTriviumを彷彿とさせる、若々しさがありながらカッチリと嵌めてくる#7。
展開がスリリングだし、雄叫びが漢過ぎるよ…やべぇよ…ってなる#8。
人々はエスニックなリフが入ると弱い、人々は冒頭に囁いたフレーズがサビで浮上すると弱いという、いつ使うか分からない教訓を学び取れる#9。恐らくこの聴き方は何かを間違えていると自覚してますえぇ。
#10は気付けばサビを一緒に呟いちゃってる事間違いなし。
そして終曲#10もキッチリとタイトに激しさを保った攻撃的なリフで、油断する隙を一寸も与えずに終了。
最後はバラードで締め的なパターンがありがちですが、そうでなかったことがこのアルバムではとても良い方向に効いている気がします。スッパリ感とともに、名残惜しさも同時に押し寄せるので、リピート必須。

 

それにしても、Trivium史上最も製作者側の自信が滲み出たアルバムでしたね。1曲目にタイトルトラックを持ってくるわ、最後までずっと駆け抜けっぱなしだわで、純度の極めて高い格好良さを体感できるアルバムでした。

 

もうなんか小賢しい小ネタで締めるのも無粋なので、Trivium然とした一言で締めちゃいましょう。ちょっと長く書き過ぎてダルくなったってい(ry

 


結論 : 聴けぃ。

 

 

-------------------------------

【トラックリスト】

1. The Sin and the Sentence

2. Beyond Oblivion

3. Other Worlds

4. The Heart frim Your Hate

5. Betrayer

6. The Wretchedness Inside

7. Endless Night

8. Sever the Hand

9. Beauty in the Sorrow

10. The Revanchist

11. Thrown into the Fire

 

YouTube

 1. The Sin and the Sentence

www.youtube.com

 

Amazon

The Sin & the Sentence

The Sin & the Sentence

 

-------------------------------