読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれるげんふりー

アレルゲンフリーかつオーガニック。半端なく体に優しい音楽レビューもどき。

Woodes - EP

f:id:wassao:20170215154144j:plain

オーストラリア産オルタナティブ、2016年リリースの1stEP。

 

まずジャンルにあまりお詳しくないわささんは、Apple Musicのジャンル分けに従っただけなので、「オルタナはジャンルじゃねえしアホか」などと言われましても基本的にモジモジウジウジするだけですよと最初に言い訳しておきます。

 

Woodesはオーストラリアの映画音楽作曲家であるElle Grahamのソロプロジェクトの様です。

このお方、弱冠24歳(2017/02/15現在)です。現在こたつの中にベチャァっと寝転び、八朔うまっとか言いつつ片手間にブログ書いてる同年代の私とは月と鼈改め、月とマントルくらいの違いがありますね。神様のいたずらとかじゃなくて神が私をいじめてますね。

さてさて、どうやら今週は美人アーティスト強化週間の様でして、例に漏れずお美人さんです。麗しゅうござんしょう?

 

そんなお美人さんが紡ぎだす音楽は、兎にも角にもおシャンティー。

めとろぽりたん代表こと私わささんにぴったりですね。

電子音楽の耽美な世界観と、Woodesの透明感のある歌声が最高にチルでございます。

音楽を聴きながら街を歩くだけで、全ての景色がモノクロに映るような感覚と言いますか。

どの楽曲を通しても、音の選択に無駄のない最低限の飾り気で神秘性を醸し出しており、自分の歌声を武器として最大限活かしたものとなってますね。

例えば#3で自らの声をサンプリングして1つの楽器の様に用いていることからも伺えます。

贅肉削ぎミュージック。言葉の響きはドブ並みに最悪ですけど、そんな感じです。

本当に24歳なのかと疑う程洗練されたスムースな世界観がしっかりと構築されています。

もう…同年代でどうしたらこんな違いが出るのか考えるともはや不機嫌になりますね。

かたやこたつで柑橘類をただ貪るだけの機械みたいな人間ですし。嫉妬の化身ですね。

 

ちなみにちなみに、Woodes名義でのインタビューありまして…。

ー 好きな動物は?

Woodes「犬っすね。」

 

 

結論 : 合コンかよ。

 

 

-------------------------------

【トラックリスト】

1. Rise

2. The Thaw

3. Poison

4. Daggers & Knives

5. Bonfire

6. Byron

 

YouTube

1. Rise

 

iTunes

 

-------------------------------