あれるげんふりー

アレルゲンフリーかつオーガニック。半端なく体に優しい音楽レビューもどき。ただし個人的な趣味だけ少し添加。

Billy Talent - Billy Talent II

f:id:wassao:20160728015615j:plain

カナダ産パンクロック、2006年リリースの2nd。

ちょっと同バンド連投です。

実はこちらのアルバムを聴いて初めてこのバンドの存在を知ったので、2nd無しには語れません。

…まぁ、前記事そこそこに語りましたけど。

そんなこんなで思い入れのある2ndもサラッと紹介しようかなと思ったわけです。

 

念押しですが、今回はサラッとです。サラッと。サラサラっと。

1stを紹介した時に哀愁だ憂愁だとわめいておりましたが、今作も相変わらずの哀愁、憂愁でございます。

とか言いつつ、オープニングである#1はいきなりブッ飛ばしてきます。イントロでシャウトする曲は大抵が神曲という我が持論を証明してくれてます。そしてまたこれシンガロングがライブ向き。テンション絶頂です。

続いて間髪おかずに#2も素晴らしい。シンプルなドラミングにシンプルなギターリフが絶妙なバランスで格好良い。そしてサビでは思わず拳を上げて一緒に叫びたくなります。

#6では何とも耳に残るカラクリ感、サーカス感のあるメロディ…ちょっと何言ってるか分かんない人は、MV見れば一発でその世界観に飲み込まれます。

そして意外な一面をみせる#9。前半はじっくり聴かせるように静かな曲調、徐々に焦れた感情の様に浮き沈みを見せつつ盛り上がる展開。メインVoとサブVoの絡みが確実に泣かせに来ている良曲中の良曲。これはヤバイです。下に貼ってあるMVで聴いてください。

ご覧の通り、2ndは名曲揃いです。

サラサラっとだったので全ては紹介していませんが、他の曲も盛り上がり良し、哀愁良しの良曲たちです。

 

大げさな言い方すると、私のBilly Talent史のルーツとも言える2nd、最高です。

ちょっとアルバム紹介する順番を間違えた感あるけども、まぁ良しとしてください。

ライブのセットリストも、予想とちょっと違ったときの方が「そっちかー!攻めるねぇー!」みたいに個人的に盛り上がるでしょ?

それと同じですよ。

 

結論 : 果たしてサマソニでのセトリはどんな感じなんでしょう?私は行かないので一報を緩く待ってたり待ってなかったり。

 

-------------------------------

【トラックリスト】

1.Devil In a Midnight Mass

2.Red Flag

3.This Suffering

4.Worker Bees

5.Pins and Needles

6.Fallen Leaves

7.Where Is the Line?

8.Covered In Cowardice

9.Surrender

10.The Navy Song

11.Perfect World

12.Sympathy

13.Burn the Evidence

14.Ever Fallen In Love (With Someone You Shouldn't've?)

 

YouTube

9.surrender

youtu.be

 

Amazon

II

II

 

 

-------------------------------