あれるげんふりー

アレルゲンフリーかつオーガニック。半端なく体に優しい音楽レビューもどき。

Shaded Enmity - Forsaken And Forgotten

f:id:wassao:20160715234439j:plain

米国産メロディックデスメタル、2013年リリースの4th。

男性グロウルVo擁する3ピースバンド。

こちらは3rdが気に入ったため購入。

この方たちはレーベルに属しておりません。なので3rdに関してはCDじゃなくてmp3で入手したんですけども。

そもそもの話、なんと2015年に解散しちゃってます。これは惜しい。惜しすぎる。メロデスの未来に惜しすぎるんです。

 

そんなShaded Enmityに悲しみの盃を交わしつつレビュー。

まず一言で表すと、叙情メロデスですね。

メロデスで叙情という情景を奏でさせたら右に出る者はいないという声が私の中で多く挙がるInsomnium直系の叙情的なメロデスです。

叙情的を売りにするバンドの中でも、真っ当にメタル的サウンドを追求しているのが判ります。

ほんの少しエッセンス程度のシンセはありますが、98%の大部分においてはギターとドラムでカッチリ聴かせる演奏をしております。しかも技量も展開も文句のつけようがない。本当に上手い。大好物です。

ギターソロでは半端でない泣きのギターを聴かせてくれますし、静と動のメリハリもしっかりとお互いを立てあうように機能してますね。この特徴+曲の構成が正しくInsomnium譲りなんですよね。

何と言ってもこのアルバムの聴き所は、叙情メロデス史に名を刻むであろう#3です。正に必聴モノ。泣きます。己の身も心も、ギターもドラムもVoも全部泣きます。

#9、#10では鬼のようなブラストビートを披露。その勢いで、約9分の大作でありながら、しっかりと盛り上がりを見せて綺麗に纏めてくる展開巧者の一面を覗かせる#10で幕を閉じます。

因みに因みに、ボーナストラックの#12ではNevermoreのVo、Warrel Daneが参加してます。え?なんで最後の最後さり気なく豪華なん?という素朴な疑問はありますが、流石の歌唱力で力強く歌い上げてます。

 

何故だ…何故解散してしまったのか…。

本当に実力のあるバンドですし、実際にDark TranquillityやOmnium Gatherumなどと共演もしていたようです。

才能のあるアーティスト程、何かしらの障害が多いんですよね。

神様はどこまでも意地悪や…。

全世界のファン達を、ギターで泣かせた上に解散という酷い事実で二重に泣かせるという罪深さ…。

 

正に、シンプル(simple)に言ってシンフル(sinful)ですよねぇ…(´・▽・`)

 

(また上手い事言ってもうた。カッコで分かりやすく解説までして優しさも滲み出てるわ参ったなぁ。)

 

結論 : うわ、泣ける程寒いとか言う暇あったらShaded Enmity聴いて泣きなさい。


-------------------------------

【トラックリスト】

1.We Are The Forsaken, We Are The Forgotten

2.This Is Federal

3.Sadness In Summer Rain

4.No Puedo Dormir

5.If Heaven's Gates Are Closed, Will You Wait For Me?

6.And Life Was Great...

7.What Have You Done, Oxycontin?

8.Indica Dreams

9.It Only Hurts In December

10.Prophecies And Pain

11.They Were Only Children[The Touch Of Perversion]

12.Alleviant Sativa

13.And Life Was Great...[feat. Warrel Dane]

 

YouTube

3.Sadness In Summer Rain

www.youtube.com

 

Amazon

Forsaken & Forgotten

Forsaken & Forgotten

 

 

-------------------------------